大鳥居駅、駅名は古めかしいが、
駅前は環八と産業道路の大交差
点、産業道路を多摩川方面へ。
産業道路はトラックがしきりなしで
とても散策の気分になれないので
50米ほど離れた交通公園沿いの
道がお薦め。

隣接する自性院の領域にあった「午頭天王」が明治初年の神仏分離によって八雲神社として独立発展、次第に羽田近郷の総鎮守として崇められるようになった。明治40年に現在の「羽田神社」に改称。

社伝によると祭祀の午頭天王は後北条家の家臣で羽田水軍の支配者であった行方与次郎が勧請して祀ったのが始まりで、のち後北条家の崇敬を得て発展した由。

現存の神社は社域も狭く社殿などにも見るべき物はなにもないが、拝殿のとなりに「富士塚」が残されていて、小さなものながら「羽田富士」と呼ばれ、現在でも冨士講が結成されていて、お山開きの日には講員がミニ登山をする貴重な習俗を伝えている。

富士塚についてのミニ解説



自性院

羽田神社に隣接する。本殿は江戸期の切妻造り、左手に「牛頭天王 堂」 と呼ばれる小振りな拝殿があり、区の文化財に指定されている。 ほかに取り立てて特筆するものもない平凡なお寺。

牛頭天王 牛頭は頭が牛で体は人間の形をした地獄の獄卒だが、牛頭 天王は祇園精舎の守護神で薬師如来の化身といわれている(諸説あるようであるが)。




竜王院

竜王院中興の祖5世海誉が玉川弁財天を勧請して、その別当寺として繁栄、当寺はその上宮にあたり、下宮は下流の要島(今は空港の敷地内)にあった。特に下宮は江戸時代風光明媚な海浜として有名となり近隣の名所となっていた。しかし、今は住宅地の路地裏に本堂のみが荒れ果てた姿を残していて、時代の流れとはいえ栄枯盛衰のあわれさが身に沁みます。




昔の羽田江戸時代の羽田荏原郡六郷領に属し、ほとんどが幕府直轄領であった。羽田の浦と呼ばれ、六郷用水の開削などで田畑の開墾が進み、次第に農村部と漁業部がわかれ、漁業部は後に羽田漁師町を形勢する。羽田の浦は幕府への鮮魚類調達の特権を持つ「魚菜八が浦」の一つでもあり、また多摩川の舟運をはじめ海運にも大きな力を持っていた。

その後時代は変わり、隣接する川崎工業地帯の発展とともに零細工業地帯に変身したが、戦後はそれもすたれて平凡な住宅地帯となって今に至っている。


大鳥居駅 なんとも古風な由緒ありげな駅名だが、駅前は環八と産業道路が交差していてCO2が思いっきり充満している大交差点。でも明治35年同駅の開業当時には、この地に穴森稲荷の大きな鳥居が二つも立っていたので駅名とした由。その頃の穴森稲荷の隆盛振りが偲ばれるところ。そしてさらに昔の江戸時代にはこのあたりも羽田の浦の一角として殷賑を極めていたかもしれない。